【家庭用脱毛器イーモ/イーモリジュ】 楽天ランキング1位!日本で1番売れている脱毛器
www.h-removal.com
≪骨盤美腹ベルト・ガードル・キャミ・ショーツ≫ はくだけでなんと!ウェスト-8.7cm!?ぽっこりお腹や腰の悩みに www.kotsuban-walker.jp

2011年04月15日

2011年本屋大賞 東川篤哉『謎解きはディナーのあとで』

本屋大賞実行委員会は4月12日(火)、「全国書店員が選んだ いちばん!売りたい本 2011年本屋大賞」の発表会を、東京の明治記念館で行いました。大賞は、東川篤哉さんの『謎解きはディナーのあとで』(小学館)が受賞しました。

▽ 本屋大賞

「本屋大賞」は、新刊書の書店で働くスタッフが、過去1年間に発刊された本の中から“一番売りたい本”を選ぶ企画です。2004年の開始以降、小川洋子さんや恩田陸さん、伊坂幸太郎さんら人気作家が受賞しています。

2011年の「本屋大賞」は、2009年12月1日から2010年11月30日の間に刊行された日本の小説が対象です。一次投票は362書店の458人、二次投票は全国351書店の439人の投票により受賞作が決定しました。すべての受賞作品は以下の通りです。

<2011年本屋大賞の受賞作発表>
大賞
▽謎解きはディナーのあとで: 東川 篤哉

2位
ふがいない僕は空を見た: 窪 美澄

3位
ペンギン・ハイウェイ: 森見 登美彦

4位
錨を上げよ(上) (100周年書き下ろし): 百田 尚樹

5位
シューマンの指 (100周年書き下ろし): 奥泉 光

6位
叫びと祈り (ミステリ・フロンティア): 梓崎 優

7位
悪の教典 上: 貴志 祐介

8位
神様のカルテ 2: 夏川 草介

9位
キケン: 有川 浩

10位
ストーリー・セラー: 有川 浩

大賞を受賞した東川篤哉さんの『謎解きはディナーのあとで』は、国立署の“お嬢様刑事”宝生麗子と、彼女の“執事”影山が事件の謎を解くミステリー小説です。

多感な時期でありながら本から遠ざかっている“中学2年生男子”に、発行日やジャンルを問わず薦めたい本を選ぶ「中2賞」には、山田玲司さんの『非属の才能』(光文社新書)と、北尾トロさんの『キミは他人に鼻毛が出てますよと言えるかデラックス』(朝日文庫)が選ばれています。


引用:http://b.hatena.ne.jp/articles/201104/3542


『謎解きはディナーのあとで』はタイトルがいいですね。

売りたい本じゃなくて、売りやすい本なのでは?

本屋大賞それ自体や本屋大賞受賞作品にケチをつけるわけじゃないけど

作品の質以外の部分も選考に影響してるんじゃないのかなと思う。






posted by 愛植男 at 22:08| エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。